飲食店で活躍するタブレットPOSレジの魅力

多機能レジのススメ

業務内容の改善

ウーマン

従来の業務フロー

レストランや居酒屋などの飲食店では、ホールとキッチンにスタッフを配備し、それぞれが担当業務を行なうという体制がほとんどです。ホールでオーダーを受けるとそれを専用紙に記入し、キッチンに渡すという流れが一般的でした。しかしそれでは会計時に改めて金額の入力作業をしなければいけません。誤入力などのミスも増えてしまうでしょう。

ハンディ機能を活用

POSレジは事前に商品の情報を登録することが出来ます。また、スマートフォンやタブレットとの連携により、オーダーを受ける際にハンディ機器として利用することも可能です。タブレットなどのスマートデバイスユーザーが増加している現代において、身近な機器を業務に用いることは画期的だと言えます。オーダーの内容はそのままレジに送信すれば、会計時の手間も省ける他、誤入力のリスクも低くなるのです。

回転率アップに効果的

ホールで受けたオーダーの情報はすぐにキッチンに送られます。オーダー時のログはしっかり残り、オーダーミスが起こった場合も再確認出来て安心です。ホールとキッチンそれぞれが効率的に業務を行なえば、必然的に回転率が高くなります。飲食店は売上と回転率が比例するため、POSレジによって業務体制を改善することが大切なのです。

低コストで導入可能

スマートフォンやタブレットを活用することで、業務に必要なツールを低コストで導入出来るようになります。レンタル機器を利用すれば月額料を支払う必要がありますが、その料金はとてもリーズナブルです。もちろんメーカーによって料金には差があります。コストに関する疑問があればメーカーに直接問い合わせてみるのも悪くありません。