タブレットPOSレジの導入はメーカーにお任せ

多機能レジのススメ

導入から運用までを支えてくれる存在

利便性の高いタブレットPOSレジですが、POSシステムの開発を行なうメーカーによって提供しているサービスに違いがあります。企業の要望にしっかりと応えてくれるようなメーカーを探すためにも、以下のポイントに注目してみましょう。

メーカーの選択

男性

まずは導入目的をハッキリさせよう

タブレットPOSレジは操作性に富んでおり、幅広い業種に最適なシステムであることから需要を高めています。機能をカスタマイズ出来ることも魅力的です。しかし、導入時に不要な機能をプラスすることで、余計なコストがかかってしまいます。自社に必要な機能はどういったものかをよく考慮し、不要な機能を省くようにすることが大切です。

コストの相談は不可欠

タブレットPOSレジと一口に言っても、それぞれの業種で必要になる機能は異なるため、必然的に導入コストも変動します。メーカー側にシステムの構築を依頼するなら、タブレットPOSレジの導入から運用までにかかるコストを見積もってもらいましょう。無料で相談に乗ってくれるメーカーは多いので、導入を検討している段階でも気軽に説明してもらえます。

導入事例を参考にするのもアリ

様々な業種から注目されているタブレットPOSレジは、それぞれの現場で異なる機能性を発揮しています。導入事例が紹介されているホームページなどを参考に、運用方法やメリットを確認しておくと良いでしょう。同じ業種の現状を知るには最適な情報を得られます。

軽減税率制度への対応

POSレジによっては軽減税率制度に対応している機種があります。補助金が出るためより低コストでの導入が可能です。ややこしい申請をサポートしてくれるメーカーもあるため、タブレットPOSレジを導入する前に相談してみると良いでしょう。

運用や保守をしっかり行なってくれる?

消費者からのニーズによっては、事業内容や販売商品の変更が必要になることもあります。POSシステムを新たに構築しなければいけない場合を始め、運用や保守を丁寧に行なってくれるようなメーカーが理想的です。故障や不具合が発生した時は迅速に対応してもらいたいものでしょう。対応力のあるメーカーを選択することで、トラブル発生時も安心です。